悪性リンパ腫闘病とその後の人生

アクセスカウンタ

zoom RSS その後の人生(野鳥の写真 その107)

<<   作成日時 : 2017/12/20 08:46   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

野鳥の写真第107弾は、職場からの帰りに立ち寄った山野排水樋門で出逢い、初観察・初撮りとなったオオジュリンのメスで、愚生の観察種は、これで87種目となった。

撮影時は、ファインダー越しに「カワラヒワ」と思いながらシャッターを切ったが、帰宅後再生してカワラヒワの特徴と違うことに気づき、地元野鳥の会に照会して「オオジュリン」と判明した。

【1 オオジュリン】
オオジュリンとは
全長14.5cm。翼は赤褐色の羽毛で覆われ、黒い縦縞状の斑紋が入る。
オスの冬羽の頭部は赤褐色で、夏羽では喉にかけて黒くなる。これは羽毛が生え換わるからではなく、冬羽の赤褐色の部分が摩耗し、より内側の黒い部分が表に現れてくることによる。嘴の基部から頬へ向かう斑紋(頬線)は白い。頸部から腹面は白く、顎線と繋がる。背面は赤褐色に黒い縦縞が入る。腹面は白い。オスの冬羽はメスに似るが、喉が黒い斑紋で囲まれる。

メスは頭頂部と頬が褐色、眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)と頬線は黄褐色。背面には灰褐色と黒の縦縞が入る。腹面は灰褐色の羽毛で覆われ、体側面には褐色の縦縞が入る。
河川や湖沼周辺の草原や湿原等に生息する。秋季や冬季は小規模な群れを形成し生活する。
食性は雑食で、種子、昆虫類等を食べる。アシ等の茎に縦に止まり、葉の鞘を剥がし中にいる昆虫類を捕食する。また地上を跳ね歩きながら餌を採食することもある。
とネット等で確認した。
画像


画像


画像

写真はいずれも、2017-11-28 16:28 の撮影。
この地域でのオオジュリンの観察は、珍しいとのことだった。

各写真は、写真内でクリックして画像のページを表示後、続いてクリックすると等倍に拡大する。

【3 PCのつぶやき】
我主は、地道な観察でスローペースであるが、観察種を増やしています。
目標の100種が迫っています。来年には目標が達成できるのではと思っています。

話題は変わりますが、我主が静止画・動画編集の技術を習った、師匠が開設している「シニア旅同行会」のホームページに、我主が平成28年・29年中に撮影した野鳥動画を編集して作成した「身近に見る野鳥」のビデオが掲載されています。

興味のある方は、訪問して下さい。

以上。








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
その後の人生(野鳥の写真 その107) 悪性リンパ腫闘病とその後の人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる