その後の人生(野鳥の写真 その137)

約4ヶ月振りのブログ更新となってしまった。愚生6月末から体調不良となり、7月18日から入院治療を始めた。
今月末での退院も決まり、本日は昨日から1泊2日の外泊で帰宅中。

退院後の職場復帰に備え、入院中でも外出許可を申請して、病院の近辺をカメラを携えて散歩に努め体力維持を図っている。
野鳥の写真第137弾は、その散歩中に観察撮影したハヤブサ。

【1 獲物をゲットしたハヤブサ】
散歩中にたまたま見上げた曇り空に、飛翔する野鳥を発見した。
その飛翔を監視していると幸いなことに前方約250㍍先に設置している携帯用無線アンテナに止まってくれた。
早速、7枚連写モードで3回シャターを押した。
獲物の存在は、飛翔中や撮影中ともに気付かず、再生してその存在が確認できた。

画像

画像

写真は、いずれも 2018-10-02 10:11 撮影 

画像

写真は、2018-10-02 10:12 撮影

獲物は、ハトくらいの野鳥のようであるが、愚生はその名前は分かりません。

写真は、写真内でクリックして画像のページを表示後、続いてクリックすると等倍に拡大する。

【2 PCのつぶやき】
 我主の病は、順調に回復しているようで、10月31日に退院して、しばらくは自宅療養後の11月12日から職場復帰の予定だそうです。
 退院後は、野鳥観察を開始するそうです。
 今後も、ブログへのご訪問をよろしくお願いいたします。
以上。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック