その後の人生(瀬板の森公園探鳥会)

2月18日(月)、地元の野鳥の会主催の「第914回例会瀬板の森公園探鳥会」に参加するため、自宅を午前7時15分ころ出発して、午前8時15ころ北九州市八幡西区の都心の真ん中にある公園の駐車場に到着。
そのとき、既に3名の会員が到着しており、駐車場で雑談していると、M氏が駐車場横の木の小枝に、止まる野鳥を発見、知らせてくれた。

約15㍍先に止まっているのを目視しその存在を知り、車に駆け寄りカメラを取り出してファインダーを覗き、ルリビタキ♀と確認撮影した。このとき撮影できたのは、愚生だけだった。
その後多くの参加者が集合し、総勢26名の賑やかな探鳥会となった。

【1 ルリビタキ】
画像

2019-02-18 8:22 M氏が発見知らせてくれて撮影。

【2 シジュウガラ】
画像

同日 8:52  約100㍍先の木の枝に止まっているのを発見撮影。 

【3 ヤマガラ】
画像

同日 8:59 開始直前、前方約10㍍先に止まるのを発見撮影。

【4 ヒヨドリ】
画像

同日 9:20 鳴き声でその存在を知り発見撮影。

【5 シジュウカラ】
画像

同日 9:22 参加者が構える方向を見て、その存在を知り撮影。

【6 ウグイス】
画像

同日 9:24 上記写真を撮影中。隣の木で飛び回るのを発見し撮影。この後公園を散策中初鳴きを聴く。

【7 観察中】
画像

同日 9:29 参加者が一斉にその存在を捜している。

【8 オシドリ】
画像

参加者が、捜していたのはこのオシドリだった。

以後は、次回のアップとしたい。
各写真は、写真内でクリックして行くと原寸大で表示される。

【9 PCのつぶやき】
我主は、この日に合わせて休暇をとり参加したそうです。
間もなく、ソフトボールのシーズンが始まるため探鳥会に参加することができなくなるそうです。
今季最後の探鳥会で、それなりの写真が撮れたことに満足しています。

以上。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック