その後の人生(野鳥の写真その164)

体調不良につき3月25日から、また入院生活を余儀なくされた。
従ってブログの更新ができなかったが、順調に回復し、5月11日から院外外出が許されるようになったので、雨の日以外は近くの遠賀川河川敷きで野鳥観察を始めた。
河川敷での観察を始めたときから、頻繁に「ケー ケンー」と鳴くキジの存在が予想された。

本日は、外泊許可で帰宅している。
早速ブログの更新で野鳥の写真第164弾は、その河川敷で観察した日本の国鳥「キジ」としたい。

【1 キジ】
画像
2019-5-17 14:36 河川敷の草むらで採食中を発見撮影。

画像
2019-5-19 10:36 川縁の草地を観察散策中、前方約100㍍先の約巾70㍍対岸に立つキジの雄を発見し、ほぼ正面に移動して撮影。

画像
同日 10:41 草むらの中に移動したところを撮影。

画像
同日 10:53 草等で目視できないが、もしかすると雌も居るのではと感じ撮影したが、再生して思ったとうり雌が居た。

画像
2019-5-20 10:12 遠賀川に架かる歩道橋から観察をしていると、直ぐ真下の河川敷にキジ雄が居るのを偶然にも発見した。

画像
同日 10:19  同上

画像

画像

画像

画像

同日 10:20 キジが縄張りを誇示したり、求愛のときにとる「母衣(ほろ)打ち」といわれる行動(上4枚の写真)も撮影できた。

以後も、キジを観察撮影できたが、以降は次回のアップとしたい。
写真は、写真内でクリックしていくと原寸大で表示される。

【2 PCのつぶやき】
我主は、体調不良で入院中でありますが、外泊ができるまで回復していますので、退院はそう遠くはなさそうです。
また、3月末で、第二の職場を定年退職して、年金生活となりました。

今後は、野鳥観察を夫婦で始める予定だそうです。
観ずらい写真のアップが続くかもしれませんが、ご訪問をよろしくお願いいたします。
以上。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック