その後の人生(野鳥の写真その167)

野鳥の写真第167弾は、野鳥の写真第164弾の続きで遠賀川河川敷で観察撮影できていた「キジ」と「セッカ」の野鳥。

【1 キジ】
日本の国鳥。留鳥として農耕地や草地に生息するとのこと。

画像
2019-5-28 15:14 観察のため水が流れる護岸の草地を歩いていると、前方約80メートル先に、こちらに向かてくるキジ♂とはちあわせになたが、キジはまだ愚生の存在に気づいていなかった。
直ちに撮影したが、少しシャッターブレの写真となった。

画像
2019-6-2 10:11 河川敷の草約50㎝が刈り取られ、見透視が良くなった河川敷の前方約80mに、採食しながら移動するのを発見撮影。
このときは、動画でも撮影。
その動画は、・・・・・・https://youtu.be/H9hJWAqHODs

画像
2019-6-3 13:50 水が流れる幅約50㍍先の対岸のブロックに居るところに遭遇撮影。
その後、そのブロックを降りながら餌を探し始めた。その様子は動画で撮影。
その動画は、・・・・・・https://youtu.be/-YToik_usE0

【2 セッカ】
足を左右に開いてとまる、スズメより小形の鳥で、雪のように見えるチャガの穂を巣材として銜えて飛ぶ姿が、和名の由来といわれているそうだ。

河川敷を散策して観察を続けていると草むらから「ヒッヒッヒッヒッ」とか過去聞いたことがある「ジャッジャッジャッ」と騒ぐ声が時折聞くので、セッカが居るのではと思っていた。

画像
2019-05-19 10:50 セッカのさえずりでその存在を知り、目視で捜して前方約50㍍先の小枝に止まっての発見して撮影。
そのときの動画がこれ・・・・・・https://youtu.be/_-eg8rQbb3Q

画像
2019-05-23 14:28 前方約50メートル先の草に止まっている雀大の小鳥を発見撮影し、再生してチガヤの穂を銜えたセッカと判明した。

画像
2019-05-24 14:54 前方約50メートル先のかや止まっている雀大の小鳥を発見撮影し、再生してセッカと判明。 見つめられていた。

画像
2019-05-25 14:48 前方約50メートル先の草に止まっている雀大の小鳥を発見撮影し、再生してセッカと判明した。

画像
2019-06-01 15:04 前方約80メートル先の草の茎に止まっているを発見、望遠でセッカと確認して撮影。

画像
2019-06-05 10:23 河川敷を観察中、上空約4㍍で「ジャッジャッジャッ」とセッカのさえずりで、発見、目視で白のチャガの穂を銜えており、草に止まったところを撮影。
穂を銜えながら、鳴くことができるのが不思議である。

0219-06-06 10:29 目視でチガヤを銜えて、飛翔しして草に止まるのを目撃して、動画を撮影した。
その動画は、・・・・・・https://youtu.be/eKQTMsIU6yk

いずれの写真は、写真内でクリックして行けば、原寸大で表示される。

【3 PCのつぶやき】
我主は、この河川敷の観察でこれまでにない野鳥の行動の観察ができ、野鳥の知識が少しづつ広がっているようです。
雨の日以外、毎日観察しているこがそのことに、つながっているようです。

以上。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック