テーマ:その後の人生(野鳥の写真)

その後の人生(野鳥の写真 その180)

野鳥の写真第180弾は、6月2日飯塚市立岩の遠賀川河川敷で観察していた、キジ、ホオアカ、アオサギ、セッカ、ヒドリガモ等の野鳥たち。 【1 キジ】 2019-06-02 10:11 刈り取られた河川敷を歩いているのを発見撮影。 【2 ホオアカ】 同日 10:29 約20㍍先の河川敷の野草の茎に止まっているのを発見撮影。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真 その179)

野鳥の写真第179弾は、6月1日午後に飯塚市立岩の遠賀川で観察していた、負傷ヒドリガモ、コサギ、カワラヒワ、セッカ等の野鳥たち。 【1 負傷ヒドリガモ】 2枚ともに、2019-06-01 14:44 約10㍍先で元気に羽ばたきをしているのを発見撮影。 【2 コサギ】 同日 14:45 遠賀川に合流する八木山川と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真 その178)

野鳥の写真第178弾は、6月1日午前、飯塚市立岩の遠賀川河川敷で観察していた、キジバト、ダイサギ、コサギ、ホオアカ等の野鳥たち。 【1 キジバト】 「デデッポッポー」という声でおなじみの、市街地でも見られる身近なハト類。雄雌同色で、全身が青から紫色みを帯びる褐色。橙色の羽縁がうろこ状の模様になっており、これがキジの雌の体上面の羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真 その177)

野鳥の写真第177弾は、5月28日、福岡県飯塚市立岩の遠賀川河川敷で撮影していたセグロセキレイ、ヒバリ、ヒドリガモ、バンの野鳥たち。 【1 セグロセキレイ】 白黒モノトーンのセキレイで、その名のとうり背が黒いセキレイ類。水辺に生息し、砂れきの河川を好む傾向がある。動物食で、歩きながら昆虫類を捕食するほか、飛翔する昆虫類をジャンプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真 その176)

野鳥の写真第176弾は、5月27日午前、飯塚市立岩の遠賀川河川敷で観察していた、ハシボソガラス、ツバメ、ヒドリガモ、ヒバリ、ウミウ、トビの野鳥たち。 【1 ハシボソガラス】 2019-05-27 10:08 何か食べ物を銜えて、河川敷を低空で飛翔していうのを発見撮影。 【2 ツバメ】 同日 10:17 自転車道に舞い降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その175)

野鳥の写真第175弾は、5月23日飯塚市立岩の遠賀川で観察していた、カワラヒワ、カイツブリ、セッカ、トビ等の野鳥たち。 【1 カワラヒワ】 2019-05-23 13:46 飯塚大橋から遠賀川を見て、その存在を知り撮影。 【2 負傷ヒドリガモ】 同日 14:06 いつも観察する川の人口物に止まっているのを撮影。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その174)

野鳥の写真第174弾は、5月22日午後、飯塚市立岩の遠賀川河川敷で観察していた、ヒバリ、スズメ、キジの野鳥たち。 【1 ヒバリ】 2019-05-22 13:20 草刈りが終った河川敷に居るのを目視して撮影。 同日 13:29 遊歩道に出てきたところを撮影。 同日 13:31 地上でさえずる動画を撮影していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その173)

野鳥の写真第173弾は、入院中の5月22日の午前の外出時、飯塚市立岩の遠賀川で観察していた、コサギ、バン、イソシギ等の野鳥たち。 【1 コサギ】 2019-05-22 10:07 目視で発見撮影。 同日 10:08 何かを捕食したようだったので、連写7枚のうちの1枚で、再生して小魚をゲットしていた。 【2 バン】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その172)

野鳥の写真第172弾は、入院中の5月26日、飯塚市立岩の遠賀川で観察していた、カワラヒワ、バン幼鳥、負傷ヒドリガモ等の野鳥たち。 【1 カワラヒワ】 肌色の嘴と翼の黄色が特徴の小鳥。 2019-05-26 10:05 川そばの木の小枝に止まっているのを目視して撮影。 【2 コチドリ】 同日 10:31 砂洲で動いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その171)

野鳥の写真第171弾は、入院中遠賀川河川敷で観察・撮影していた「ツバメ」と「野生化したアヒル」の野鳥。 【1 ツバメ】 なじみ深い鳥で、土に草を混ぜておわん形の巣を作って繁殖する夏鳥。 2019-05-11 10:32 河川のヨシ原の茎に止まったところを撮影。 2019-05-25 10:11 巣作りのため河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その170)

野鳥の写真170弾は、入院中遠賀川河川敷で観察・撮影していた「オオヨシキリ」と「コチドリ」の野鳥。 【1 オオヨシキリ】 にぎやかにさえずる鳥で、河川敷に生息している。口の中が赤いのが特徴。 2019-05-21 10:24 約50㍍先の中州のヨシ原で、鳴き声からその存在を知り、目を凝らして見当をつけ、望遠で捜し出し撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その169)

野鳥の写真第169弾は、入院中遠賀川河川敷で観察・撮影していた「ホオジロ」と「ホオアカ」の野鳥。 【1 ホオジロ】 ほほは黒いが、眉斑が白く太いこと顔全体が白っぽく見えるのが和名の由来だそうだ。 2019-05-21 10:09 観察するため、川縁の草地を下っていると、聞きなれた「チチチッ」と連続して鳴くホウジロのさえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その168)

野鳥の写真第168弾は、入院中遠賀川河川敷で観察・撮影していた「ヒドリガモ」の家族。 ヒドリガモは冬鳥であり、この時期観察出来るのは珍しいことであるが、最初の観察でその理由が判明する。 【1 ヒドリガモ】 赤みのある羽色のカモで、雄の額がクリーム色のカモ類で冬鳥として全国に渡来し、沼地、池等に生息するが公園の池でも普通に見られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その167)

野鳥の写真第167弾は、野鳥の写真第164弾の続きで遠賀川河川敷で観察撮影できていた「キジ」と「セッカ」の野鳥。 【1 キジ】 日本の国鳥。留鳥として農耕地や草地に生息するとのこと。 2019-5-28 15:14 観察のため水が流れる護岸の草地を歩いていると、前方約80メートル先に、こちらに向かてくるキジ♂とはちあわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その166)

野鳥の写真第166弾は、野鳥の写真第165弾と前後するが、最初に観察・撮影していた「バンの親子」。 【1バン親子】 2019-5-24 10:18 親2羽が、巾約50㍍の対岸の川岸に居るのを目視で発見撮影。 同日 10:19 ファインダーに親の横に幼鳥が居るに初めて気づいて子育て中であることが判明した写真。 これ以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その165)

野鳥の写真第165弾は、入院中遠賀川河川敷で観察・撮影していた「バン親子」と「ゴイサギ」の野鳥。 それまで遠賀川の上流に向かって左側河川敷からの水中に居るバンの親を観察していた。 バン親子を初めて観察出来たのは、5月24日に川に架かった橋を渡り、右側河川敷からの観察に変えてのことであった。 水が流れる幅約50㍍の対岸に2羽バン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真その164)

体調不良につき3月25日から、また入院生活を余儀なくされた。 従ってブログの更新ができなかったが、順調に回復し、5月11日から院外外出が許されるようになったので、雨の日以外は近くの遠賀川河川敷きで野鳥観察を始めた。 河川敷での観察を始めたときから、頻繁に「ケー ケンー」と鳴くキジの存在が予想された。 本日は、外泊許可で帰宅して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(瀬板の森公園探鳥会 その2)

野鳥の写真は、前回に続き「瀬板の森公園探鳥会」で出逢った、ルリビタキ、ジョウビダキ、オオバン等の野鳥たち。 【1 ルリビタキを発見】 2019-02-18 9:45 昨年も観察できたもみじ谷で、参加者の発見の報に急ぐ白野球帽の愚生。 【2 ルリビタキ】 同日 9:45 倒木の上に止まるのを目撃撮影したが、シャッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(瀬板の森公園探鳥会)

2月18日(月)、地元の野鳥の会主催の「第914回例会瀬板の森公園探鳥会」に参加するため、自宅を午前7時15分ころ出発して、午前8時15ころ北九州市八幡西区の都心の真ん中にある公園の駐車場に到着。 そのとき、既に3名の会員が到着しており、駐車場で雑談していると、M氏が駐車場横の木の小枝に、止まる野鳥を発見、知らせてくれた。 約1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真 その163)

地元の野鳥の会ホームページ「くまたか」でその存在を知り、観察したいと願っていたカモ。 先の犬鳴ダム探鳥会で出会っていた報告者S氏から、事前の情報として「津屋崎の入り江の奥で、小型カモを捜すように」とのアドバイスを得ていた。 野鳥の写真第163弾は、2月11日、宮地嶽神社の参拝後に立ち寄った津屋崎海岸の入り江で念願かなって見つけた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その後の人生(犬鳴ダム探鳥会 その2)

野鳥の写真は、前回に続き「犬鳴ダム探鳥会」で出逢った、メジロやアオジ、カワラヒワ、シジュウカラの野鳥たち 【1 メジロ】 2019-02-10 10:30 混群の中からようやく発見して撮影。 【2 アオジ】 同日 10:49 木の枝からブロック土手に止まるのを目撃撮影。  【3 カワラヒワ】 同日 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(犬鳴ダム探鳥会)

2月10日、地元の野鳥の会主催の「第912回例会犬鳴ダム探鳥会」に参加するため、自宅を午前7時30分ころ出発したが途中で、田圃を走り回る「鹿」と遭遇したので最初にその写真をアップする。 鹿は、自分で民家の脇を通り、山に無事に帰った。 その探鳥会で撮影できたハシブトガラス、ノスリ、ホオジロ、ヤマガラの野鳥を、観察種ごとにアップする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真 その162)

野鳥の写真第162弾は、笠置ダム公園での一人探鳥会で出逢ったヨシガモ、キンクロハジロ、ミヤマホオジロ等の野鳥。 【1 ヨシガモ】 2019-02-02 10:24 水位が下がった上の貯水池に7羽の水鳥が居た内の1羽に焦点を当て撮影。 同日、同時刻 キンクロハジロと一緒に泳ぐヨシガモ4羽を撮影。   【2 ミヤマホウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(頓田貯水池探鳥会 その2)

前回に続いて、「第911回例会頓田貯水池探鳥会」についてアップする。 【1 カワセミ】 2019-02-03 8:23 参加者の知らせで、約15メートル先のコンクリートの上から水面を鋭く覗いていたのを撮影。嘴の下が黄色いので♀のようである。この日はカワセミは5羽観察。 同日 9:29 つり橋を渡っていると、前方約10㍍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(頓田貯水池探鳥会)

2月3日、地元野鳥の会の「第911回例会頓田貯水池探鳥会」に参加した。 通算13回目の探鳥会となったが、あいにく天気予報は雨。 雨具を用意して、雨が降っていない7時ごろ自宅を出発したが、途中北九州市八幡東区本城付近で雨が降り始めた。 約40キロ離れた北九州市若松区頓田の響灘緑地公園駐車場に午前8時10分ころ到着した。 早速集合時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真 その161)

野鳥の写真第161弾は、筑豊野鳥の会が直方市内で開催した、「鷹研」の勉強会の帰りに立ち寄った、飯塚市立岩の穂波川で観察していた、ヒドリガモとヨシガモの野鳥たち。 【1 ヒドリガモ】 2019-01-12 15:42 川に100羽以上で群れている数羽に照準を合わせて撮影。 同日 15:46 上記状況を引いて撮影。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真 その160)

野鳥の写真第160弾は、1月6日以降観察・撮影できていた、ハヤブサやアオサギ、モズ、バン、カワセミの野鳥。 【1 ハヤブサ】 2019-01-06 14:21 日曜日運動を兼ねて自宅近くの農道を歩いていて、送電線鉄塔の上部の付きでたとこに止まるハヤブサを発見撮影。帰宅後再生してカワラバトらしき鳥を捕らえて、捕食中と判明。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(野鳥の写真 その159)

野鳥の写真第159弾は、1月4日昼休みに山野排水門で観察した、スズメやカワラヒワ、コガモ、カイツブリ、ホオジロの野鳥たち。 【1 スズメとカワラヒワ】 同日 12:28 河川敷の小枝に止まるのを目視して撮影。 【2 カワラヒワ】 同日 12:34 スズメが離れて同上。 【3 コガモ】   同日 12:3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(東大橋海岸探鳥会 その3)

前回に続いて、東大橋海岸探鳥会での観察・撮影をアップ。 今回は、初観察となったヘラサギ等が、苅田方向から海岸上空を避けて我らの上空を飛翔した後に、観察した野鳥のアップ。 【1 カモ類】 2019-01-27 9:51 参加者(ベテラン会員)がスコープを覗いて、前方対岸約500㍍先の防波堤に群れているのを発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の人生(東大橋海岸探鳥会 その2)

前回に続いて、東大橋海岸探鳥会での観察・撮影のアップで、クロツラヘラサギと初観察のヘラサギ。 前年の探鳥会で初観察となっていたクロツラヘラサギは数羽が休憩中で、首を引き込み丸くなた姿での観察であった。 今回は、期待どうりクロツラヘラサギ等は、苅田方向から海岸上空を避けて、我らの観察の上空を、時間差で飛翔してくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more